ケアチーム大芽

団体活動の目的や主旨

誰もが笑顔になれる環境を作ることを目的に、在宅で生活している高齢者や障害者をサポートする事を目的に設立しました。


団体の主な活動内容

高齢者や障害者へのチームケアを目的とした訪問事業や通所施設の運営を行っています。

ケアチーム大芽は2012年に設立しました。はじめは在宅支援を主に行ってきましたが、2018年に障害をお持ちの方の通所施設である就労継続支援B型と生活訓練の事業所を始めました。その為現在では大きく分けて5つの事業を行っています。

ここでは通所施設の紹介を行います。就労継続支援事業所B型では個々のペースに合わせて所内活動、野外活動として農作業と清掃があります。活動で得たお金は作業をした方に分配しています。

所内活動には外部からの受託作業の他に、地域のイベント等で販売する為、手づくり小物を作っています。お一人がすべての工程を行うのではなく、お一人おひとりの出来る作業を分担し一つの製品を作っています。

生活訓練の事業所では、まず自宅から一歩外へ出て、自宅以外の場所ですごし、通所に慣れるということから始めます。活動はご本人と相談しながら決めています。

取り組みとして「洗濯ものたたみ」や「調理実習」等の生活に直結したプログラム、

塗り絵、リリアンのような製作活動、簡単なゲーム等を行い、徐々にステップアップをめざします。見学、体験を受け付けています。ご興味のある方ぜひお越しください。


未来の福祉に期待するメッセージ

やりたいことが実践できる社会になるといいな。