府中自立支援ネットワーク わの会

団体活動の目的や主旨

府中自立支援ネットワークわの会は、社会的支援を必要とする人々(障害者、高齢者、子ども等)が人間らしい幸せな生活を築くために、当事者同士がお互い支えあい、学びあい、自立を目指す。そしてそのための支援の輪を広げる活動をしています。


団体の主な活動内容

大正琴・コーラス教室、絵手紙教室や、畑作りをして収穫したものを使ってのお弁当作り、昼食会。少人数で近所のお散歩会やミニドライブ。そして子育てや障害を語る会を定期的に行っています。年に一度はリサイクルバザーにも参加しています。会員さん希望の卓球や折り紙も行っています。

会員さんが集う「うたごえの会」。伴奏にはハモニカ、キーボード、ボンゴ、ギターの音色が響き、みなさんの歌声を盛り上げます。余興には南京玉すだれの舞いや皿回しもあり笑いの絶えない会です。普段コーラス教室は毎月第二・第四金曜日に行っています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

府中市役所近くのカフェにて開催の絵手紙教室の作品展示会の様子。みなさんの作品をゆっくり見れる貴重な機会です。絵手紙教室は毎月第三土曜日に行っています。

夕食会や外食会が出来なくなった代わりに、手作り弁当をスタッフとボランティアさんで作り、希望者に配達しました。揚げたてのコロッケや卵焼きや煮豆などなど、愛情たっぷりのお弁当は大好評でした。

ミニデイの様子。折り紙が得意な会員さんに教わり宝箱を作りました。製作の後は軽いストレッチや口腔体操をして、固まった肩や手指をほぐして終わりました。一度では覚えられない行程で手先と頭を使い、まさに脳トレです。

コロナ禍でリモートで行っていた子育て語る会ですが、子ども達の春休みに合わせて桜の木の下で集まりました。親の悩みを分かち合うだけでなく、異年齢交流できるのがネットワークわの会の特色です。


未来の福祉に期待するメッセージ

どんな人でも自分らしい生活が続けられるような世の中に。福祉という言葉を敢えて使わなくても支援される人も、する人も笑顔で前よりも良くなったと実感できる世の中に。そんな未来を期待しています。